じるっこ

黒猫JILLの猫エイズと闘うブログ

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

にくきゅ~~っ

じるっこーのおマ~メさんっ♪

肉球


ふじっこのお豆さんの歌とジルの足であそぶにゃっ!ふて寝





スポンサーサイト

| ごろごろ | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

じるっこ

今日も昼間からごろごろ~ ごろごろ~
昼寝って最高

手なめ3


ジルー!ジルどこー?

手なめ4

飼い主うるさい・・・ 無視無視。

手なめ

う、うるさい・・・

手なめ2

はいはい。はい、チラッ

反応してあげないといつまでも呼ばれるし

最悪いじられる。

たまにはゆっくり昼寝したいよ、まったく・・・





| ごろごろ | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ごあいさつ

どうも、ジルです。
箱入り娘です。

箱入り

もう少しかわいく撮ってほしかったよ。
も少し写真の腕みがけよ、飼い主A。





| ごろごろ | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お問い合わせ

管理人へのお問い合わせはサイドバーのメールフォームより
お気軽に送信してください。

| 初めての方へ | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジルと飼い主のお気に入り

・ベーグルベッド


・キャリーバッグ


・キャットタワー


猫型マグネットフック


・クレイジーマウス(おもちゃ)


・チャオ「焼」シリーズ(おやつ)


・ドライフード


・シャカシャカびょんびょん


・にゃんこハウス


・療法食~消化器サポート

・療法食~膀胱炎

・療法食~低分子プロテイン・セレクトプロテイン

・整腸剤~マイトマックススーパー

| 初めての方へ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相互リンクについて

当サイトはリンクフリーです。相互リンクも随時募集しています。
(掲載が不適切だと思われるサイト様にはお断りさせていただくこともございます)


サイト管理人さまへ

関連サイト様との相互リンクも大歓迎です。
相互リンクをしていただける際は当サイトへのリンク情報は下記の通りでおねがいします。

サイト名:じるっこ
URL:http://jillcat358.blog.fc2.com/
紹介文:黒猫JILLの昼間からごろごろ日記 



相互リンクしていただけるサイト様は、お手数ではありますが当サイトへのリンク完了後に
貴サイトの「サイト名」「URL」「サイト紹介文」を記載の上、サイドバーのメールフォームより
ご一報いただけますよう、お願いいたします。

| 初めての方へ | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四方山話

どうも飼い主です。

猫に関するお話をなんでも書いちゃおっと
始めたコーナーです。

第十話からはジルの闘病日記的なものがあります。

どうぞ、よろしくお願いします。


第一話 「Nine Lives」

第二話 「エンジェルマーク」

第三話 「ジルと病気」

第四話 「JILLイラスト」

第五話 「ジル弁」

第六話 「歪んだ愛情」

第七話 「ねこ写真展」

第八話 「ジルとラグマット」

第九話 「猫嫌いの理由」

第十話 「猫エイズ」

第十一話 「膀胱炎1」

第十二話 「膀胱炎2」

第十三話 「腸内環境を整える」

第十四話 「腸内環境を整える 2」

第十五話 「インターベリーα」歯肉炎との戦い

第十六話 「免疫力UP」できること

| 病気と闘う | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジルのこと

パソコンを開くと邪魔ばかりする… 
もとい、キーボードを打つ気満々のジルに代わり、
飼い主Aがジルの紹介をしましょう。

東京は品川区のマンションで飼い主A、飼い主Bと同居しております。
ジルが北海道弁なのは飼い主の影響です。


2012年12月に猫の譲渡会で出会いました。


ジルは保護主さんの自宅ガレージ前でスリよって来たところを
保護されたそうです。

その時すでに爪の手入れがされていたそうで、
生後3か月くらい誰かに飼われ、捨てられたと推測されます。
体についたノミの卵の状態からして、その後3カ月くらいノラをやって保護されたようです。
後で気づいたことですが左上の牙が欠けて、半分しかありませんでした。


ゲージの奥に小さくうずくまっていた彼女は
生後6カ月位とのことでしたが4カ月位の大きさしかありませんでした。

抱っこしたときお互いに熱い視線を交わし、引き取ることに決めました。

彼女はラッキーだったんだと思います。
譲渡会の全ての猫に引き取り手があるわけではないと思います。

少しでもこのような不幸な猫が減ることを切に願います。

飼い主
















| 初めての方へ | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。